2013年03月16日

鶴、北帰行 15日夕刻

出水から北へ帰る途中、海上で高度が落ちてきたのか
上昇気流を探してでしょう、すぐ近くの166m高の山の上に現れ
鳴きながら、大きな円を描くように回転しながら、次第に高度を増して行きました。
総勢ざっと150羽以上。(写真は一部)
次第に隊列を整え、最高点に達したら北北西に向け一気に進んで行きました。
ブイ型、逆ブイ型、鉤型、直線型など形はまちまちですが、進む方向は
ピタッと一致しています。3度目の目撃ですが感動します。
今回は18時半を過ぎていて、暗くなってきていましたがこのまま大陸までいけるのか、
あるいは北部の佐護(さご)にでも降りるのかと少し気になりました。
相変わらずの準備不足であわてて取り敢えず撮れた写真です。
全体は小さくなり過ぎて見にくいので一部だけです。
ASA1600, 露出補正+2, 320mm4.5 ですが相手が飛んでいるので
こんなものでしょうか?未だ研究不足で補正もいい加減です。

turunorth1.jpg

turunorth2.jpg
posted by jh6kee at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 対馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
QRコード